【レポート】関係者限定の公開記念特別試写会が開催されました!

5月15日(金)に公開された映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』。
衛生面等への十分な配慮を行なった上で、日本消防会館にて関係者限定の公開記念特別試写会が開催されました。
ステージにはソーシャルディスタンスを図りながら、主演の千眼美子をはじめ、伊良子未來、希島凛、小田正鏡監督が笑顔で登壇。
新型コロナウィルス感染拡大に伴い都内の映画館は未だ休館中ですが、特定警戒地域外の一部の劇場(66館)で無事に公開されたことへの喜びを語りました。

特別試写会に登壇した(右から)希島凛、千眼美子、伊良子未來、小田正鏡監督

モナコ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞し、ナイジェリアのエコ国際映画祭でも最優秀作品賞を受賞するなど、合計6カ国で21冠を獲得した本作。
まず最初に、国内のみならず海外でも高い評価を得ていることについて千眼は「神様を信じる気持ちや、利他の思いは、国境も国籍も宗教の違いも乗り越えていくものだなと感じました。(モナコに行ってみて)映画祭ってなんかお祭りみたいで楽しそうだなと思ってたんですが、実際は最高賞を取れるのかなとか、会場が結構ピリピリして張り詰めた感じもありました。」と当時の様子を振り返りました。

主人公・サユリを演じた千眼美子

続いて、サユリとともに心霊現象を解決していくイサムを演じた伊良子は「(千眼演じる)サユリさんがカッコ良すぎて、映画を観た人は、最初イサムに目が行かなかったかも(笑)。イサムを演じることで自分自身が成長できたので、皆さんもイサムと一緒に成長したいと思いながら観ていただけたらありがたいです。イサムは自分が疑問に思うことを純粋な気持ちで率直にサユリさんに聞くのがいいところかなと思ってます!」とアピール。すると、千眼から「イサムは最初はビビってるのに、だんだん一緒に戦って悪霊退治していくところが魅力!」と、伊良子演じるイサムの見どころを披露しました。

イサムを演じた伊良子未來

イサムの彼女・杏花役の希島は「(クライマックスのシーンは)ハードなシーンではあったんですが、共演者の皆さんやスタッフの皆さんに支えられて。皆さんが守ってくださったからできた演技だと思います。もう本当に皆さんに感謝しかないです!ありがとうございました。」と共演者とスタッフに感謝を述べると、伊良子からは「もうリアルにやってるんですよ!演技じゃないみたいで、カットがかかっても「凛ちゃん大丈夫?」って心配するくらい入り込んでいて、だから僕も一緒に演じやすかったです。」とその演技力を絶賛!さらに千眼からも「最後のシーンはモニターで凛ちゃんの演技を見ていて、すごく刺激されました。これは私も本気で臨まないといけないなと。」と迫力の撮影現場だったことを回顧しました。

杏花を演じた希島凛

そして、本作では主演だけでなく、イメージソング「秘密の変身」も歌う千眼は、「普通の女の子が降魔師(エクソシスト)に変身していくという物語なので、神様の“救いたい”という気持ちが伝わるように、日常生活の中でいろんなものと戦っている人、そして自分自身にも“がんばれー!”という思いを込めて歌いました。」と、歌唱に込めた熱い想いを語った。
そんな千眼の想いに触れた伊良子は「千眼さんって普段は可愛らしくて優しいお顔立ちなんですけど、降魔師になるシーンは本当に顔が変わるんです。とてもキリッとしていて、これ悪魔だったら本当に怖いだろうなと。本当にサユリとして存在されていたんだなと思いました。」とその女優魂に圧倒されたことを明かしました。

公開後ということもあり、4人は「今だから話せる撮影中のエピソード」の話題へ。千眼は「私はイサムとのシーンが多かったんですけど、撮影中に「1年後は映画のPRとかで、映画の内容について楽しく説明できるような漫才ができるといいよね」と休憩中に漫才の練習とかをしていました(笑)」とおちゃめな告白が。そして伊良子も交え、「心霊喫茶エクストラ」っていうコンビ名で、即興で最初の名乗りと小ネタを披露。「で、そういうことをしてると、凛ちゃんが電信柱の後ろから・・・(笑)」と、劇中でサユリとイサムの関係を訝しそうに伺う杏花の真似をする千眼。これには会場からドッと笑いが沸き起こりました。

漫才を披露する千眼(右)と伊良子(左)

また希島からは「現場におっとっとが置かれてたんですけど、千眼さんがギザギザした魚みたいなのを見せて、「見てこれ、スカイフィッシュみたいだよ!」って言いながら食べていて。それにすごい癒されました(笑)」と楽しそうな撮影現場の様子を笑顔で振り返りました。

撮影現場のエピソードを披露する希島

最後に、集まったお客様に向けて、小田監督は「本当に本日はありがとうございます。この映画は光に満ちた映画です。2回3回と観て欲しい。」と話し、希島は「一人でも多くの方にこの映画が届いて心に光を灯していただければ幸いです。」と笑顔で語った。また、伊良子は「新しいジャンルのホラー映画だと思ってます。怖いもの見たさ、新しいもの見たさでも構いませんので、ぜひ2度3度見て欲しいです。」とコメント。最後に千眼は「今日は皆さま大変ななか、お越しくださいまして、ありがとうございます。コロナ禍で、映画を上映できるかも危ぶまれ、皆さまにご挨拶できるかどうかも分からない状況でしたが、今日こうしてご挨拶できて本当に嬉しいです。観た後に明るい気持ちになれるだけでなく、神様を信じてみたいとか、積極的な気持ちになれるような作品。この映画が面白いな、かっこいいなと思ったら、SNSで呟いていただけたら。」と感謝と見どころを伝え幕を閉じました。

笑顔で舞台を去る(右から)希島、千眼、伊良子

映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』大ヒット公開中!