快挙再び!ヒューストン国際映画祭にて、ゴールド賞獲得!

5月15日(金)に全国公開を控える映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密−The Real Exorcist−』。
2月のモナコ国際映画祭にて4冠、3月のナイジェリアのエコ国際映画祭で2冠を達成し、海外で話題となっている本作。
この度、第53回ヒューストン国際映画祭(アメリカ)において、長編ファンタジー・ホラー部門でゴールド賞を見事受賞しました!

1961年に創設された同映画祭は、インディペンデント系の映画祭としては世界で最も歴史のある映画祭として知られています。サンフランシスコ国際映画祭、ニューヨーク映画祭に次ぐ北米第3の映画祭としてスタートした伝統ある映画祭であり、過去には、スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなどの大物監督も受賞されたことがあります。
毎年、応募作品は200部門ごとに審査にかけられ、受賞に選ばれるのはわずか1割ほど。今年は74カ国もの中から4,570作品の応募が寄せられ、本作はその狭き門をくぐり抜け、見事ゴールド賞を受賞しました。

主演・千眼美子

千眼美子コメント

ホラーだけど後味スッキリ、ヒーローが悪と闇を打ち払い、さらに心をポッとあたたかくしてしまう、そんな全く新しいこのJAPANESEホラー映画をヒューストンで評価していただけたこと。一出演者として”やったぜ!”という気持ちにならざるを得ませんでした!ただ一筋に”生きている人”のため、そして”死んでしまった後の人”にまで責任感を持って、この映画に携わらせていただきました。
応援&楽しみにして下さっている方に今一度感謝申し上げます。

※同映画祭の授賞式は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、時期未定です。

映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』2020年5月15日公開!